海苔音の日記

2005-06-06他機種のケースを使ってみる・・その2

加工してみる(というか「ぶった切る」)編

 前回ではCLIEのPEG-TH55用のケースは、そのままでは使えないということでした。

 今回は加工してh4350に使えるようにしてみたいと思います。

 今回の加工の目的として次の2点を考えました。

 1.液晶保護を第一として、余計なところを切り落とし薄く、軽くする。

 2.電源を勝手に入らないようにする。

 1.の目的に参考にしたのはモバチキさんのLivedoorの記事

http://computers.livedoor.com/series_detail?id=9958

 を参考に「ぶった切る」を行いました。というより先にこの記事を良く読んでください(はっきり言って他力本願です)。

 2.については、「ぶった切る」ことにより出た切れ端を使って電源ボタンの周りを加工します。

 ということでまず、役に立たない「ベロ」の部分をカットします。

f:id:shizawa:20050606215552:image

 さらに背中側のうちバッテリーにあたる部分をカットしてしまいます(「ベロ」も「ケース」も普通のはさみでカットできました。でもきれいに仕上げたい方はきちんと定規とカッターを使ってください)。これにより薄く軽くなるとともに、ケースを装着したままでもバッテリーの交換およびクレードルへ立てることが出来ます。

f:id:shizawa:20050606220319:image

 写真に何かガムテープが写っていますね。これが(スマートでは無いが)電源対策です。テープで止めているものはカットしてしまった「ベロ」を適当な長さにさらにカットしたもの2つです。ケースを装着して閉じたとき、このカットした「ベロ」が電源ボタンの両側に来るようにします。これにより、ケースと電源ボタンが干渉しないようにします。この時点では位置あわせの最中のため、テープで仮止めをしています。

 でも、このままではカットしたところがばくばく開いてしまい、とても実用にはなりません。そこで上で紹介した「モバチキ」さんの記事の2ページ目を参考にふちを内側の皮で加工します。

f:id:shizawa:20050606221623:image

 写真では内側からの撮影です。すでに電源対策の「ベロ」も接着していますが、これは最後にやるべきでしょう。なんにしろ体験者の言葉です(笑)

 

 今度は本体へ装着する部分を加工します。シリコンシートの粘着力では皮である「ケース」にはうまくくっつきません。そうです、あのビニールのような土台部分がないとだめなのです。

f:id:shizawa:20050606222344:image

 この土台部分は切り離したケースに縫い付けてあるので、カッターなどで解いてください。切り離したらケースの背中側に当たる位置に合わせてカットし接着します。

f:id:shizawa:20050606224342:image

 今度はその土台にあわせてシリコンシートをカットして土台に装着(粘着?)します。

f:id:shizawa:20050606224605:image

 

 これでやっと本体にケースの装着が出来ます。ちなみに完成後の写真を載せますと

ケース単体

f:id:shizawa:20050606224844:image

ケース装着 閉じている

f:id:shizawa:20050606230326:image

ケース装着 開いている

f:id:shizawa:20050606230412:image

背中側

f:id:shizawa:20050606230458:image

うーんもうちょっと長くしたほうが良かったですね。

背中拡大

f:id:shizawa:20050606230616:image

はさみでぶった切っているため、ラインがゆがんでいる・・・

やる人は定規とカッターを使ってください。

 で、肝心の電源ボタン周りです。

f:id:shizawa:20050606230813:image

 ケースと電源ボタンとの干渉を避けているのが分かっていただけるでしょうか?

あまり神経質になる必要は無いのですが、貼り付けた「ベロ」の間隔が広すぎると、ケースの上から電源ボタンが押されてしまいますし、狭すぎるとケースがずれたときに「ベロ」自身が電源ボタンを押してしまいます。

 そこで、役に立つのが以前の日記で書いたリーチを稼いだストラップスタイラスです。長さが鬱陶しいほど(笑)あるので、ケースごとぐるぐる巻いてしまい、ケースがずれるのを防ぎます。

f:id:shizawa:20050606231708:image

 今のところこれで電源がつきっぱなしという事故は避けられています。

・問題点

 やはり、これでも問題点は残ります。というかh4350の問題点でもあるのですが、下にh4350Palmの名機Tungsten Cを並べた写真をアップしています。

f:id:shizawa:20050606232131:image

 h4350が縦に長いのともうひとつ注目したいのが、キーボードの位置です。

 h4350が方向キーなどの下、つまり本体の一番下に位置しているのに対し、Tungsten Cは方向キーなどを一番下にして、かつ画面が正方形のためキーボードはかなり上の方についています。

 このため、Tungsten Cはキーボードでの入力のとき本体の重心近くを両手で支えながら入力できるのに対して、h4350は重心のはるか下を支えながらの入力になってしまいます。しかも、きれいなボディーのため指を引っ掛ける場所もありません。

 まあ、本体単体ならそんなに気にするほどの負担(重さ)では無いのですが、このケースでは本体の上部にくっつけるので結構負担になります。

 かといって、本体の下部に重しをつけるわけにも行かず・・・・

 そこで、賭けに出ました。拡張バッテリーを注文してみました。現在、クレジットカードの認証待ちのようです。届いたら結果をアップします。

・余談

 iPaqの新機種の6500シリーズって、もしかしてTungsten Cを意識している?

これで方向キーを下に持ってくれば・・・

kzoukzou 2005/06/08 13:15 おお! 素晴らしい加工ですね~? 液晶保護とデカバ対応といいよく考えられていますね~(^^ゞ
デカバは常用していますが、指がかかってお持ち易いですよ~! ただし、重量増分は駆動時間が長くなるってことで我慢ですけど・・・(^^;

shizawashizawa 2005/06/10 21:59 ども!海苔音です。
デカバは持ちやすいですか。早く使いたいけどSparcoで初めての注文だったため、やっと今朝、千葉(成田空港のことでしょう)に到着とのこと。でも、すでにステータスが IMPORT SCAN(通関中という意味かな?)になったまま12時間が経過。
大丈夫か?怪しげな物と思われているのだろうか?・・・・

ゲスト



トラックバック - http://h4350.g.hatena.ne.jp/shizawa/20050606